楽天市場ピックアップ





口コミで一番人気のお宿はここ
旅行するなら最高の環境を☆


カテゴリ


最新記事


検索フォーム

ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

その事故米問題に待った!!

実は太田農水大臣が言っていた「人体に影響がない」というのは、本当だったようです。事故米に含まれていたメタミドホスは基準値の5倍ですが、量にすると0.05ppm。これに対して、私達が普段食べているトマトのメタミドホスの基準値は2.0ppm。《参考:日本食品化学研究振興財団の農薬等の基準値表


つまり、米のメタミドホスの基準値が0.01ppmと少なすぎたために起こった騒動だったようです。普段食しているトマトのメタミドホスの含有量は1.5ppmだったとしても、「問題なし!」ということで市場に出回ります。ちなみに、なぜ基準値に違いがあるのかというと、トマトはメタミドホス入りの農薬を使用するが、米は通常、メタミドホス入りの農薬を使用しないからだそうです。

トマトの基準値に比べたら、事故米の0.05ppmなんてのはトマトの1/40の量なんです。

もちろん事故米を食用として売った企業のやり方には問題がありますが、今回の事故米拡大による人体への影響というものは、心配ないと言えます。


となると、責任追求の対象は以下になります。

①まずは農水省の役人達。
理由はどうあれ、メタミドホスの基準値を超えた事故米を販売しながら、その後の転売という事実を見逃していたという事実は変わりません。(帳簿改ざんすら見抜けないというほど無能ではないはず)。調査もザルだったようですし、体制を見直す必要があります。

②事故米と知りつつ転売した業者。
人体に影響がないとしても、法律で事故米と定められている米を食用として売る行為は、明らかに詐欺です。

③事実を調べずに大げさに公表したメディア
「基準値の5倍ものメタミドホス」と広めたのはメディアです。基準値云々と放送できたということは、当然、日本食品化学研究振興財団が発表していた、農薬等の基準値表の存在は知っていたはず。それを公表せずに不安だけを煽った行為は、明らかに人心操作に該当し、かつ、報道の責任を全うしていない行為に該当します。


マスコミは、太田農水大臣が発言した「人体に影響が無いレベル」という部分の映像だけをクローズアップして、その後の太田農水大臣の説明(メタミドホスの基準値の違い)についてはカットしてたんです。つまり、真実を隠蔽したんです。


最近のメディアは不安を煽ることが非常に得意なようです。もちろん政治の世界の不正を暴くために、表現を大げさにしているのでしょうが、今回はやりすぎです。
メディアが、事実を隠して情報を広めたせいで、全く責任のない業者の方が責任を感じ、自殺をしたという事実もあります。


我々国民の一人一人が、本当に正しい情報をもとに判断していかないと、とんでもない状況を生み出してしまうということが、今回の事件でハッキリしました。
今の日本は、政治はもとより、マスコミすら簡単に信用してはいけない状況にあるのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000979-san-soci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。