楽天市場ピックアップ





口コミで一番人気のお宿はここ
旅行するなら最高の環境を☆


カテゴリ


最新記事


検索フォーム

ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

文学映画にAV女優が出演??

香港でもっともエッチな映画というのが先行上映されました。題材は文学書としても名高い『金瓶梅』というものです。この金瓶梅は遥か昔、明の時代に書かれたものですが、性描写が多いということで時の皇帝が禁書と位置づけたものです。

ですが、禁書として扱われたとはいえこの金瓶梅は文学という観点からは非常に優れており、人物の深層心理や交錯、心の弱さを赤裸々に描いた作品として高い評価を受けているのです。

でも、金瓶梅を映画として上映するのは難しいような気がします。文学作品として優れているとはいえ、性描写が多いため、これをどのように映像に起こせるのかという点が気になります。

また、文学書としての位置づけを保ったまま映画化できるのか?とも考えてしまいます。

性描写が多いにも関わらず、人物の心理を上手に描き読者を虜にできたというのも、この作品の素晴らしいところでもあるわけです。それを映像化するには相当の腕がないと難しいと思います。


この映画の監督はチン・マンケンという方らしいですが、彼の過去の作品を見ると、文学というジャンルから少し離れているような気がします。

また、この作品には日本のAV女優である早川瀬里菜、若菜ひかる、原カエラらが出演しているらしいです。本当に文学としても金瓶梅を描けているのが少し心配ですね^^;




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080919-00000000-rcdc-ent
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。