楽天市場ピックアップ





口コミで一番人気のお宿はここ
旅行するなら最高の環境を☆


カテゴリ


最新記事


検索フォーム

ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

火葬も終わったのに・・・生きてるよ!!

火葬したあとに、その本人と会ったらビックリしませんか??これは完全に福岡県警の不手際でしょうけど、確認をした遺族の方まで間違えたんですから、福岡県警だけに責任があるとは言えないでしょうね。ってか、本当にそっくりだったんでしょうね!


福岡県警大牟田署が駅で倒れ死亡した男性(58)を別人と取り違え、遺体を引き取った別人の親類がそのまま火葬していたことが23日、分かった。
 親類が火葬直後に街頭で本人とばったり出くわして判明。同署は「身元の分かる書類があり、親類の証言があったため引き渡した。指導を徹底し再発防止に努めたい」としている。
 同署によると、17日午前7時50分ごろ、同県大牟田市の西鉄大牟田駅西口付近で、男性が倒れているのを職員が見つけ、119番。男性は病院に搬送されたが、心原性ショックで死亡した。
 同署は遺体の状況から事件性はないと判断。男性の姿が目撃された現場近くにあったリュックから預金通帳を見つけ、名義人の親類に死亡した男性の写真を見せたところ、自分の親類の男性(61)に間違いないと証言。そのまま遺体を引き渡した。
 親類らは18日午後に火葬を済ませて、同駅に向かったところ、弟夫婦が死んだと思っていた本人と出くわした。本人は弟夫婦と一緒に同署を訪れ、「おれは生きている」と申告した。この男性は同駅周辺によく出入りしていたという。
 火葬された遺骨は死亡男性の遺族に引き取られた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081023-00000105-jij-soci

警察の不祥事事件がrakuten Lankingにあります。
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。