楽天市場ピックアップ





口コミで一番人気のお宿はここ
旅行するなら最高の環境を☆


カテゴリ


最新記事


検索フォーム

ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブロブランキングに参加してま~す。よかったら押してください。 banner_02.gif

橋下知事、ヤジに応戦「こういう教員が現場で暴れている」。うんうん。

橋下府知事って最近エスカレートしてきてるよな~。あ、ヒートアップか・・・。

大阪府の橋下徹知事と府教育委員らが教育行政について一般参加者と意見を交わす「大阪の教育を考える府民討論会」が26日、堺市の府立大学で開かれた。

 訪れた教職員の一部から再三ヤジを飛ばされて興奮した知事が「こういう教員が現場で暴れている」「(日教組批判などで国土交通相を辞任した)中山成彬前大臣の発言はまさに正しい。これが教育現場の本質」と述べる一幕があった。

 また、子どもの指導方法についても言及した知事は、「ちょっとしかって、頭をゴッツンしようものなら、やれ体罰と叫んでくる。これでは先生は教育が出来ない。口で言ってわからないものは、手を出さないとしょうがない」と、体罰容認とも受け取れる持論を展開した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081026-00000036-yom-soci

再三ヤジを飛ばし橋下府知事が反論。
正しいです。
人が話しているのにそれを聞かないのは、自分の不満を相手に叩きつけたいだけ。
それは大人の態度じゃないです。

口でわからないなら手を出さないとしょうがない。
正しいです。
暴力をもって暴力を制すのは正しい行いではありません。しかし、それは大人同士の話しです。

自分の力の加減を知らない子供が、自分の行為で相手や自分自身を傷つけかねない行為をしているときは、力でそれを抑え込む必要があります。

でないと、自分の行為の責任を知らないまま、あるいは、力のコントロールができないまま大人になり、大変危険な人物になる可能性があるからです。


甘やかされた子供、あるいは放ったらかされた子供は、大人になったときに我慢のできない人間になることは、研究上明らかになっています。


キチンと指導できる先生による体罰なら、それは教育としてあって良い事だと思います。


体罰と教育の狭間をrakuten Lankingで垣間見よう!
スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。